2014年05月18日

倉吉の苺収穫

今日の倉吉は文字通りの五月晴れでした。
今はいちごの収穫が最盛期で毎朝すがすがしい空気の中、赤く色づいた苺を摘み取っています。これをジャムに加工するのです。
写真.JPG
もとは祖父母が孫たちのためにと植え付けたものでしたが、少し酸味があり甘味も強い品種でしたのでジャムにすると美味しく、今ではもっぱらそのために植えてもらっています。もちろん孫には優先的に食べてもらっていますが、もう少し大きくなったら苺狩りに連れてくるのが楽しみです。
写真 1.JPG

早朝には朝露が下りて、田植え間近の田んぼのアマガエルが朝日を満喫しています。
倉吉の歴史・文化地区にあって町中を流れる玉川の一斉清掃が行われました。
観光で訪れる皆さんに気持ち良く風情を楽しんで頂けると思います。写真 2.JPG
posted by つるのはし(鶴乃觜) at 19:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

倉吉の春

今年の倉吉の春は寒暖のメリハリが効いて一時は28℃にまでなったこともありましたが、短期間で周期的に繰り返す寒波は花見を待ちどうしくしている人たちをヤキモキとさせました。
桜の開花宣言が出されたとたんに寒さが訪れ、期待された週末・日曜日には早朝に雪が降り、寒風で花も散りはしないかと心配しましたがどうにか持ち堪えたようです。
DSC_0065.jpg

今年はソメイヨシノも枝垂れ桜も八重桜も一度に開花し、その上葉っぱもでてまさに満開!・・その途端の寒波です。
桜の名所百選にも選ばれている打吹公園では立ち並ぶ露天商の人たちがさっぱりの人出と寒さに震えながら“今年はいけん!”と肩を落としていました。

DSC_0064.jpg
週明けの月曜日は一転して快晴で、日中は気温も上昇し絶好の花見日和となりました。街中の桜も地元の人には愛情を持って楽しまれていて、しばらく倉吉の花見は楽しめそうです。
posted by つるのはし(鶴乃觜) at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

倉吉歳時記

春の彼岸は過ぎましたが、暖かな陽気の日と肌寒い日が気まぐれに繰り返すこの頃です。
数日前には春を告げる燕の群れが到着し、天神川周辺では一団の飛翔が見られました。
そうした中、倉吉地方は農作物の植え付け準備が進んでいます。
私もジャムの原料とするイチゴの苗の準備をしています。
品種は宝交早生です。

2014-03-22 苺苗.jpg

もともとは両親が孫のためにと作っていたものですが、ジャムにするととてもおいしいことから苺ジャムを作り続けています。
日本では優れた品種が生まれると従来の品種は衰退し、同一品種による多様な食べ物(菓子、飲料、料理、酒類など)が目に留まるようになりますが、ヨーロッパなどでは目的に合わせた特徴を持つ多様な品種が大切に利用されています。
見習いたいと思います。
posted by つるのはし(鶴乃觜) at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。